OB会則


名古屋大学アメリカンフットボール部OB会
名大グランパス会 会則
(H28.3.26改訂、H24.1.21改訂、H20.12.13改訂、H14.11.30改訂、H6.10.26制定)

第1章 総 則

第1条 (名称)
本会は名大グランパス会と称する。

第2条 (目的)
本会は名古屋大学アメリカンフットボール部の発展と、
会員の相互交流を目的とする。

第3条 (部会・会員)
名古屋大学アメリカンフットボール部に所属していた者、
または部の発展に貢献しグランパス会が入会を認めた者で構成する。

第4条 (事務局の設置)
グランパス会は現役PIを事務局とし、活動を行う。

第5条 (事業)
本会は第2条の目的を達成するため、次の事業を行う。
・ホームページとメーリング・リストを運営し、
必要な情報の発信に勤めること。
・グランパス会員の情報を管理し、名簿を作成すること。
・親睦記念行事を行うこと。
・その他必要なこと。

第2章 役 員

第6条 (役員)
本会は次の役員をおく。
1.会長 1名
2.副会長 1名
3.幹事 4名
4.会計 1名
5.監査役 1名

第7条 (役員の任務)
1.会長は本会を代表し統括する。
2.副会長は会長を補佐し会長が任務を果たせない時にはこれを代行する。
3.幹事は会長、副会長を補佐し、常務を執行する。
4.会計は庶務会計事務を処理する。
5.監査役は会計監査を行い、総会に報告する。

第8条 (役員の任期)
すべての役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。

第3章 会 議

第9条 (会議)
本会の目標を達成するために次の会議をもつ。
1.総会
2.役員会

第10条(総会の承認事項)
総会は次のことを承認する。
1.役員の選出
2.決算報告および予算案の承認
3.事業報告および計画要領の承認
4.規約の改廃
5.その他必要なこと

第11条(承認用件)
総会の承認は出席者の過半数をもって成立する。

第12条(役員会)
役員会は会長、副会長、幹事、会計をもって構成され、
会長が必要に応じて召集し次の事項を執行する。
1.総会において承認された事項
2.総会において委任された事項
3.総会への提出議案の作成
4.事業計画要領の決定
5.緊急事項の処理
6.アメリカンフットボール部部長または監督より提案された事項
7.予算の決定
8.その他

第4章 支 援

第13条(名古屋大学アメリカンフットボール部の支援)
グランパス会は、名古屋大学アメリカンフットボール部グランパスの活動を最大に支援する。

第14条(名古屋大学アメリカンフットボール部H.Cの支援)
グランパス会は、名古屋大学アメリカンフットボール部グランパスH.Cであることを認め、それを支援する。

第15条(名古屋大学選出東海連盟理事の支援)
グランパス会は、東海学生連盟理事が名古屋大学選出であることを認め、その活動を支援する。

第16条(名古屋大学選出審判員の支援)
グランパス会は、グランパスの活動に貢献する東海学生アメリカンフットボール部連盟審判員を
名古屋大学連盟審判員であることを承認し、その活動を支援する。

第5章 会 計
第17条(会計年度)
本会の会計年度は12月1日に始まり11月30日に終わる。

第18条(運営会費)
本会は下記の収入によって運営する。
1.会費
2.寄付金
3.その他

第19条(会費)
正会員は会費として以下の金額を毎年12月末日までに事務局に納入する。
1.学生および女子 5,000円
2.その他 10,000円
会費を滞納した場合正会員としての権利は失効する。
再び復帰する場合、1年分の会費納入を条件とする。

第20条(監査)
本会の監査は年1回行う。

第21条(除名)
次の場合は役員会の決議によって除名することがある。
本会または本会員として対面を汚し、名誉毀損するような行為があったとき。

第22条(施行期日)
本規約は平成20年12月13日より施行する。

※H20年度OB総会にていただいた御意見を基に若干修正をしております。
お問い合わせは(nu.grampus.ob@gmail.com)OB会幹事 までお願い致します。