ポジション・スタッフ部門紹介

DEFFENSE
DL ◇LB ◇DB
OFFENSE
OL ◇TE ◇RB ◇WR ◇QB
KICK
KICK
STAFF
SR ◇TR ◇PI

 

DL



DL1


DL2


DL3


DL4

拡大写真


 DLとは、相手オフェンスのアサインメントをディフェンスの最前線で破壊し続けるポジションだ。DLに求められることは至極明快である。それは、毎プレーハードヒットによってロスを支配することだ。
ランプレーではその鍛え抜かれたフィジカルでブロックを制しロスタックルを狙い、パスプレーでは持ち前のクイックネスでパスプロテクションを掻い潜りQBサックを決める。DLによる1プレーで試合の流れを変えることができる。ロスを支配し戦況を大きく変えることのできる誇り高き戦士、それがDLだ。
(DLリーダー 佐々木貴英)

 

LB



LB1


LB2


LB3


LB4

拡大写真


 ディフェンスの中心でラン・パス全てのプレーに関わるのがLB。どんなオフェンスにも負けないフィジカルと、どんなパスにも反応できるスピード、そして様々な状況で指示を出せる頭脳といった様々なスキルを要するディフェンスの中心ポジション。LBの見せ場であるハードタックルで試合の主役になれるだろう。タックルのみでなくQBサック、インターセプトなどディフェンスの美味しいところを全て持っていける。ディフェンスを作るのはLBといっても過言ではない。それがLBである。
(LBリーダー 岡田都希)

 

DB



DB1


DB2


DB3


DB4

拡大写真


 DBとは、高い身体能力により、フィールドを支配するディフェンス最高のアスリート集団である。スピードやタックリング能力を駆使して、後方でパス、ロングゲインを防ぐ。さらに冷静な判断をも求められ、”最後の砦”と呼ばれるように、彼らの負けはディフェンスの負けを意味するのだ。また、DBはビックプレーメーカーでもある。QBの投げたボールをインターセプトすることで会場の歓声を独り占めする。たった1人で試合の流れを引き寄せることができるのだ。
(DBリーダー 川尻滉人)

 

OL



OL1


OL2


OL3


OL4

拡大写真


 OLはオフェンスの最前線で戦うポジションである。ランプレーでは相手ディフェンスをなぎ倒しRBの走る道を抉じ開け、パスプレーでは相手ディフェンスの激しいプレッシャーからQBを護りきる。
我々はゲームにおいてボールに触れることを許されていない。しかし、アメフトをする上で必要不可欠な存在であり、常に勝ち続けることが要求されるポジションである。
圧倒的パワーと技術を兼ね備えた強者共こそがOLである。
(OLリーダー 三矢 晶洋)

 

TE



TE1


TE2


TE3


TE4

拡大写真


 TEはOLとWRの両方の特性をもつポジションである。ランプレーではラインの一員としブロックに参加してRBの走路を確保し、パスプレーではパスコースに出てキャッチをする。ランプレー・パスプレーの両方に有用なポジションである。TEの存在が戦術の幅を広げていることは言うまでもない。
 強いチームには強いTEがいる。攻撃の鍵を握るジョーカー。それがTEである。
(TEリーダー 石井博将)

 

RB



RB1


RB2


RB3


RB4

拡大写真


 RBはオフェンスの最後尾に位置し、QBから受けたボールを持って前に進んでいくポジションである。ランプレーではOLがDLを押しのけて開けたホールを駆け抜ける。スピード、一瞬の判断、相手をかわすテクニック、相手をなぎ倒すパワーを兼ね備えた走りが要求される。パスプレーではQBをディフェンスから守るためのパスプロテクションに参加して、たまにはパスも受けて前進する。
走る、当たる、捕るなど何でもできるアスリート集団である。
(RBリーダー 川村洋志)

 

WR



WR1


WR2


WR3


WR4

拡大写真


 ロングパス、サイドライン際でのキャッチ、ワンハンドキャッチ…レシーバーには様々なビッグプレーが存在する。ワンプレーでチームにモメンタムを引き寄せることの出来る、花形だ。
OLがQBを体を張って守り、そしてそのQBが投じたボールを我々がキャッチする。その一投には味方の想いが詰まっているのだ。捕ればヒーロー、落とせば戦犯。ゼロ100の世界に我々は生きている。常に100を出すために、試合でヒーローになるために、レシーバー達は今日もフィールドを縦横無尽に駆け巡り、パスを捕り続ける。
(WRリーダー 岸潤一郎)

 

QB



QB1


QB2


QB3


QB4

拡大写真

 言わずもしれた司令塔。全てのプレーはこのQBから始まる。ディフェンスの穴を見つけRBにボールを渡し、WRにパスを通す。時には自ら走り相手を翻弄する。つまり、QBの出来がそのままチームの結果につながるのだ。従って、QBはこのアメリカンフットボールにおいて最も栄光と注目が集まるポジションである。
(QBリーダー 松原健太郎)

 

KICK



KICK1


KICK2


KICK3


KICK4

拡大写真

 キッキングチームとは、キックオフやフィールドゴールを蹴るキッカー、オフェンスが陣地を回復するパンター、フィールドゴール、パント時にボールをスナップするスナッパー、またスナップされたボールを固定するホルダーがいる。オフェンスやディフェンスの悪い流れを断ち切り良い流れを継続させ、時にはスペシャルプレーで相手を欺くような特殊なポジションである。
 スペシャルチームの使命とは、キックで勝利を手繰り寄せチームに勝利をもたらすことである。そのためにはスペシャリストの安定が必要不可欠であり、スナップ、ホールド、キックの全てが完璧でなくてはならない。
(KICKリーダー 伊瀬毅宏)

 

SR



SR1


SR2


SR3


SR4

拡大写真


 SRの役割は、アメフトの核となる戦術面から勝利へのアプローチをすることです。選手とは違う視点からのスカウト、分析をし、プレーの考案や修正を行っています。実際にプレーをすることはできなくても、アメフトの楽しさや面白さを感じることができることがSRの魅力の一つです。
 わたしたちは徹底的に相手校を分析し、自校のプレーの完成度にこだわり、チームが勝つために必要である、戦術的な準備をして試合に臨みます。そして勝利したとき、SRとして最もやりがいを感じます。
(SRリーダー 小酒井 美南)

 

TR



TR1


TR2


TR3


TR4

拡大写真


 名大にはもちろんスポーツ推薦など無く、大学でアメフトを始める人がほとんどです。そんな中で、名城に勝てるフィジカルを育て、試合にベストな状態で臨ませることがTRの役割です。
 そのためにTRは、チーム全体のトレーニングメニュー提示や、個々の管理を行っています。また、選手が
安全にプレーするための取り組みや、緊急時の対応もTRが中心となって行っています。体のことは奥が深く、効果的なアプローチをすることは難しいですが、自分のアプローチが選手の活躍・チームの勝利につながったときに大きなやりがいを感じます。
(TRリーダー 藤澤 佳澄)

 

PI



PI1


PI2


PI3


PI4

拡大写真


 PIは、GRAMPUSを強く、魅力的なチームにするための部門です。主な活動内容は、試合への集客、
グッズ・チケットの販売、WEB運営、リクルート活動、イヤーブック作成です。
 PIの1番の魅力は、GRAMPUSを応援してくださる多くの方々と直接関わることができるところです。国立大学というハンデはあるものの、父母後援会・OB会の方々をはじめ、お店や企業の方々、高校生等、応援してくださる方はたくさんいます。資源・サポーターをどのように集め、それをどうチームの勝利に繋げるのかをとことん考え、実行することが私たちPIの役割です。
(PIリーダー 西端 美咲)

『Recruit』TOPへ