日頃の感染予防対策について

現在GRAMPUSは、一部制限を設けながら活動をしております。
具体的な感染対策といたしまして、以下のことを行っております。

■部員全員の体調チェック
 具体的に次のような項目を毎朝チェックしています。
 ・体温
 ・体調
 ・同居人の体調不良とその症状
 ・コロナウイルス感染者と手の届く距離で15分以上会話したか
 ・クラスタ―が発生した場所に行ったか
 体温37.5°C以上だった場合、その日の練習は不参加としております。
■活動開始前の検温の実施
 部室に入る前に実施し、念のため37.5°C以上ある場合、帰宅してもらいます。
■部室の人数制限
 PI部室:6人
 TR部室:6人
 SR部室:10人
 ・会話時の飛沫感染を防ぐため、対面の座席配置を避け、
 対角または横並びに、1mの間隔を開け配置しています。
 ・退出時、使用した全ての用具を消毒しています。
■対話時のマスク着用
 選手は、激しい運動ではない限りマスクを着用し、飛沫防止に努めています。
 Play をしていない人に関しては 2m 以上の距離を置いています。
 スタッフは、活動中常に着用しています。
■ヘルメット着用時のマウスシールドの使用
 対人メニューはヘルメットにマウスシールドの着用を義務付け、コンタクト時の飛沫防止に努めています。
■ミーティングは原則オンラインで行う
■練習参加前後の手洗いうがい徹底
■部員全員が、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をインストールする。
■試合時のアルコール消毒、マスク着用、検温の徹底
 選手・スタッフはもちろん、ご来場いただいた方にもお願いしております。
■試合時の座席間隔は1席空ける。
■応援時の大声、ハイタッチ等の接触禁止
■来場いただいた方に接触確認アプリ(COCOA)のインストール、問診票の記入、座席番号の控えをお願いしております。