観戦記

後援会会長・門池啓史さんの観戦記を掲載します。

観戦記 名古屋工業大学戦 平成31年4月27日
at名古屋市港サッカー場



GRAMPUS後援会会長
門池啓史さん

今日から新チームの実戦が始まる。今年のチームは
どの程度の力があるのか、誠に興味深い。昨年、
一昨年のチームは攻撃力に目を見張るものがあり、
総合力としても高かったと思う。
今年は主力QBとRBが卒業し、
どのようなオフェンスとなっているのか注目である。
一方、守備は正選手もかなり残っていて、
ある程度の力は予想できる。
本日は、名古屋工業大学との試合が
名古屋市港サッカー場で開催される。
名工大は一部下位に所属していて、グランパスはここ数年は
全て勝利しているが、今日はどんな内容になるだろうか。
朝から強風が吹いており、パス、キック、
パントにはかなり影響を与えそうだ。
青空の下、グランパスのキックで試合開始となった。

キックは風に乗って、遠く飛びタッチバックとなって、
名工大は自陣25ヤードからの攻撃開始となる。
名工大は簡単に攻撃を終わってパントとなったが、
逆風の中、ボールは飛ばず、グランパスは
敵陣26ヤードから攻撃開始だ。
今シーズンからエースRBとなるであろう、
RB#29鈴木君が8ヤードゲインしたがフレッシュに届かず、
ギャンブル不成功でパントとなる。しかし、名工大の攻撃は
あっという間に終わってパントに追い込まれた。
グランパスのDL、LB陣は名工大の攻撃を封鎖している。
グランパスは敵陣深くからの攻撃を、RB#29鈴木君の
ランプレーの連続でぐいぐい進み、最後は16ヤード走って
TD(タッチダウン)! 
TFP(トライフォーポイント)も決まって、
まずは7-0とリードする。

RB#29鈴木

 
名工大の攻撃は進まずパントとなり、
グランパスは中央付近からの攻撃開始。
しかしQB#7服部君のパスはインターセプトされて、名工大を
敵陣40ヤードからの攻撃開始とさせてしまった。
しかしあまり進まず、名工大は43ヤードの
FG(フィールドゴール)を試みるも失敗する。
第2Q開始。名工大は中央付近より攻撃開始で、
RBが12ヤード走ってフレッシュ獲得するも
LB#58番君のナイスタックルがあり、
大きくロス。

LB#58番

名工大は苦しい位置からのパスを試みるも、
DB#32久保田君がこのパスをインターセプト! 
グランパスは中央付近からの攻撃で、
RB#29鈴木君がボールを持つと、
上手いカットバックでタックラーを外すと、独走してTD!
50ヤード近い走りでした。
TFPは失敗するものの、13-0とリードする。
次の攻撃で名工大はWRへロングパスが決まって
大きく前進したが、パントとなる。
このパントが強風に乗って、
グランパスは自陣9ヤードからの攻撃となった。
前半終了。
グランパス新チームは、攻撃も守備も
機能していてひとまずは安心だ。
とりわけ守備陣の強さには安定感がある。

後半開始。グランパスは自陣27ヤードからの攻撃開始となる。
ランプレーでじりじり進んで、敵陣深くから
4thダウンFGを狙ったが外れる。
名工大の攻撃はあっと言う間に終わって、
グランパスは敵陣32ヤードからの攻撃。
WR#87忍田君へ12ヤードパス成功。
忍田君は期待の大型二年生で、
数少ない高校でのアメフト経験者だ。グランパスは、
K#95古谷君が26ヤードのFGを決めて16-0とリードする。
グランパスのキックを名工大は中央付近まで返すも、
DL#95古谷君のナイスタックルもあって、パントとなった。

K#95古谷

第4Q開始。中央より、二年生RB#21川野君が
8ヤード走ったが、パントとなる。
このパントがパンターの上を越えてしまい、
パントできず、名工大は敵陣18ヤードより攻撃となり
グランパスはピンチとなった。名工大は
この攻撃でFGを決めて16-3とする。
グランパスは敵陣30ヤードからの攻撃。ランプレーの後、
WR#87忍田君へ18ヤードパス成功。RB#21川野君が連続して
ナイスランで大きく前進。
QB#7服部君からWR#87忍田君へパスが通ると、
忍田君は突き進んでTD!23-3と差は広がる。

WR#87忍田

名工大は自陣30ヤードからの攻撃だったが、
進まずパントを蹴るも、強風によりボールは進まず、
グランパスは敵陣17ヤードからの攻撃開始。
WR#87忍田君へ16ヤードパス成功後、RB#21川野君が中央をダイブプレーしてTD!
30-3となった。

RB#21川野

続く名工大の攻撃は、DL#95古谷君のQBサックもあり、
攻守交替となる。
グランパスは敵陣20ヤードより攻撃。
WR#87忍田君はQB#7服部君からのパスをキャッチすると、
タックラーをはねのけてエンドゾーンに走りこんでTD!
37-3となった。
グランパスは名工大の最後の攻撃を抑えて、37-3で試合終了。
結果を見れば、一方的な試合だったが、
事実、グランパス守備陣は
かなり強力で私は一安心した。
攻撃はまだ未知数のところがあるが、
能力の高い選手がいて、今後に期待したい。

(これは観戦記ですので、データ・プレー他に間違いが
あった場合はご容赦くださいませ)