2020年度活動報告

異例の1年となった2020年度の活動内容をご報告いたします。

弊部では、2020年度2月27日に大学から課外活動停止の通達を受け、2月28日以降全体練習を自粛しておりました。
その期間は各々が自宅でできることに取り組み、これまでにない状況下で様々な工夫を凝らしながら活動して参りました。

zoom上でのミーティング

自宅でのトレーニング

半年近く経ち、9月頭にようやく全体練習が行える状況になりました。
練習時には必ず検温を行い、マウスシールドの装着や練習外でのマスク着用の徹底等、万全のコロナ対策を実施しております。
しかしながら、未だグラウンド使用の人数・行動には制限があり、十分な練習環境とは言えませんでした。

検温

スタッフのオンライン上での活動

※撮影時のみマスクを外しております。

そのような状況下において、不十分な練習環境で試合に出場した際の選手の生命の危険性を考慮すると、安全が確保できるとは言えず、
大変無念ですが10月開催の試合は出場を見送らざるを得ないという苦渋の判断に至りました。
第1戦辞退に伴い、弊部は1戦目敗者という扱いとなり、
11月14日(土)に開催する試合に出場する運びとなりました。
その後、10月24日(土)の試合により、対戦相手は信州大学と決定いたしました。
この試合が今シーズン最初で最後の試合となる予定でした。
しかしながら、試合を目前にした11月12日(木)に、名古屋大学学生に新型コロナウイルス感染者が確認され、大学から課外活動全面活動停止の通達が下りました。
活動停止期間は11月13日(金)~11月16日(月)までと短いものでしたが、結果として弊部は今年度1試合も出場することなくシーズン終了となりました。

試合には出場することが叶いませんでしたが、出場にあたっては多くの皆様からのご声援のお言葉をいただきました。
暖かいご声援ありがとうございました。

応援メッセージ

今年度は異例の事態により、弊部にとっても辛い1年となりましたが、その分多くの時間を使って、今後のチームにとって大切なことを考えることができた貴重な機会ともなりました。
この逆境を好機に変え、来年こそは皆様に「勝利」という形での恩返しをし、GRAMPUSの「歴史を変える」ことができるよう、チーム全員で一丸となり日々の練習に取り組んでいきます。
2021度もご声援よろしくお願いいたします。