OBインタビュー

39代TE 小松亮介さんがインタビューに答えてくださいましたので、ご紹介いたします。

OBインタビュー 南山大学戦 平成28年9月18日 at東員町スポーツ公園陸上競技場



39代TE 小松亮介さん

Q1.今日の南山大学戦は、どんな試合でしたか?率直な感想をお願いします。

オフェンスはランで堅実に進み、
ディフェンスも止めるべきところはしっかり止めており、
非常に締まった試合だったと思います。

Q2.今回の試合を見て、今年のGRAMPUSに対しどのような印象を持ちましたか?

4年のスタープレーヤーの活躍に加え、試合の重要な場面で
DL#82瀬野、RB#6川村、QB#1松原と2年生が活躍しており
バランスのとれた非常に良いチームだと思います。

Q3.今日1番印象に残っているプレーは何ですか?

#26羽田のパントのリターンタッチダウンです。
試合の流れを完全に名大側に引き寄せ、試合の勝敗が決まったと感じました。

Q4.今後さらに成長するだろう選手は誰だと思いますか?

DL#82瀬野です。
1Qのパントや2QのFG圏外にするQBサックなど、
非常に良い場面で活躍していました。
ぜひ秋シーズンを通して活躍し、
これからのグランパスを引っ張っていってほしいです。

Q5.最後に、残り3戦を控える後輩に向けてメッセージをお願いします!

チームの雰囲気がとてもいいと思います。
このまま一戦必勝で優勝まで突っ走ってください!
瑞穂で歴史を変える瞬間を楽しみにしています!


小松さんありがとうございました。
次回のOBインタビューもお楽しみに!

Copyright(c) 2016 Nagoya Univ. American Football Team GRAMPUS All Rights Reserved.